忍者ブログ
キェ―――
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
総じていい気分だ.

週末にはランニングをする.己を維持するために.心と体を維持するために.
まず,身軽な服を着て,いつでも新しい風を切って道路まで飛び出す.
次に,近くの 半月の半分になっている少し広い場所において気が乗るまで動く.
気が乗ってきたら道を下って直角に曲がる.
岩石地帯の手前までは足首に軽く意識が感じられる.
それからとその前は6年前とほとんどおんなじだ.
沿う.

北にはギターを弾く男.
東にはボクシングの卵.
西にはサッカーの少年.
北東には手花火の二人.
その方位をぐるぐる回ってみた.
今夜は冷たい風が心地よく,遠くにはいつも利用している電車の音が届いた.
別の遠くには嘗て利用した体育館と思われる音がきこえる.
地域の音を背景に,髪の長いハーモニカとギターが旋律を奏で,
ボールを蹴るズドッという音,パンチを受けるやつのピシッ,ピシッ,という音,
加えて乱れた呼吸と心音とでポリリズムを呈した.
ここには聞こえるか聞こえないかの会話は含まれていないが心理に多大な影響を与えている.
木々の上にクレーン車が頭を出しているのを発見し,
ついに,人工ばかりでこのあたりが嫌になった.
行きに見かけた男女がまだ体操をしているのを見かけた.
逃げて,逃れて,山吹に照らされた掛橋の地獄の光景を確実に記録したかった.あとに手堅い形で.

安定のドラッグ&リリース.減らないが強めている.
詰まったときの方法を知った気になった.
忘れる速度が速いのは困ることが多い事だ.
忘れるようなことはそのような価値だ,と考えているのだろう.
鏡をよく見ている.自分に恋するのは愚かだ.
これ以上はだめだ.
それでも予感のあるときは準備が大切だ.
嘘だと,嘘だと,言ってられれば安心してられる.学んだ,神は未だ現れずして.
林檎が拡散していく様子を見て取ろう.

進もうとして 何をしても 何をしても いつも 空中から殴られるんだ.
未来がものすごくよく見える.奇妙な感覚も得た.
これが私がいま吐き出すことだ.



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]