忍者ブログ
キェ―――
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
自分は自分の所有ではない
自分は自分によってユニークに所有されているものではなく
自分の中の他人も自分のものではなく
それは至極 簡単なことで気付けばその 執着を感じる必要もなく
いつか小さいとき しゃがんで水中を渦巻く多い砂粒を眺めているときの
妙な納得がよぎった。

自分に他人に執着を感じる必要もなく という言葉は考えてみてもなんてことはないけど
何かにつけそのことを考えるようにすると、
心の中に一つ武器か防具か眩い道具を与えられたような不思議な気分になり
(これが俗に言う座右の銘か? 今まで無かった)、
少し気が楽になる、か。 どうかな、



たとえそれがまだ未分化で自意識が発達しておらず、
本能が採る自分をつなぎとめる一つの方策であったとしても、
情状の余地は絶対に無く、
そんな凡人を俺は許さないよ。

しかし歩けど歩けども選択か放棄かという
本来的に線形分離不可なテーゼが後ろからふらふら憑いてくるよ。

こういった一連の言葉や儀式は自己への執着を自然強める
方法的にこのモデルを登用していこうという作戦












昼休み ねるねるねるねのCMを一人見て声出さないようにする程度には元気。
渋谷でかっこいい帽子かぶって歩いてるだけで、一分間に三回
黒人に「カイモノ?」
と声かけられるのさすがに精神削られる。

けっこう好きな女の子が疎遠で久しぶりに会って普通に接していたら、
次の瞬間カバンについているおなかの中に赤ちゃんがいます札がふっと見えて、
うわ…と思ったら夢だったんですけど、いやに生々しい設定だな、
と、あとなんか自分小せえな、と思った。
愚順なほど前倒しの行動を!

首からベル下げたい。
良い宗教教会音楽に溺れたい
昔の知り合いとは本当にただ互いの顔を見て推測するだけで帰りたい
哀愁漂う今の状態のミニモニ。が見たい。
日南響子の目尻に殺されたい
ルックスが総ての中心に据えられ揺ぎがなく、
何をするにしても、自らの血を眺めることもない気持ちで渡世するの、したい。
早くきゃりーぱみゅぱみゅがダークサイドにおちるの見たい。
思っているより人はそれほど前の方に位置していないのかもしれないが、
その絶対距離をどうにか計測したい、あとその他人の傲慢を明かしたい.
今日も睡眠の自浄作用に身を委ねよう...















言葉を読んだことがあっても、一度眼耳の中を通過していたとしても、
本質、が分かっていないことがどれ程あるかということを体験することはままある。
パソコンが欲しくて電器屋のオープン記念の激安限定10台という設定では、
まあ馬鹿みたいな話だけど、
人波に飲まれながらエスカレーターに乗るまで分からなかった。

当たり前と高を括った言葉に対して、
期せずして不利な立場に遭ったとき、
そしてその状況に行き詰まったとき、
その言葉、その意味する処がガツンと五臓に落とし込まれるのだな。

そして最近傍のそれとしては、"執着を捨てなさい "
しかしそうしたところで何が変わるでもなく、引き続きなんとなく生きるだけだ。



最近 寝る前に "少年よ 神話になれ" の番組を2話ぐらいずつ見るのが日課だ。
ちょうど先ほど最後まで見終わった。
総合するとなんか漠然と気分が悪い。昨日一昨日あたりの話から。
この習慣は今しばらく続けようと思っている。
これでいいのだ、
徐々に、衛星軌道を外れるほど大きい弧を描いて 出来上がるかも知れない一枚の絵。
眉間に皺寄せて 情報の聯合を目指す高次蛋白識別分類器
広い机にバサッと画用紙を広げて一堂に眺めることを、我が内に染み入るものを!
結果、横たわって自分の生理的なその呼吸にどこか不満を感じている


 



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]