忍者ブログ
キェ―――
[95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85
これを一日中見てたのは(特に1:30~2:00部)、
精神がどっちに向かっているのか読めないな...



それが確かにあったということ 点は新しかったのだ。
完全にあったものが今 自分の中に立ち現れてくる時間軸の錯感覚
この漫画の先数ページは殆ど認めず、いわんや幕切れをや。
奥行きと重みの存在に富む今も糸引く点
点を写した青が鮮やかな写真、そして既に未来の青も誰かに写し撮られていたのだろうか
似た感覚をもっと集めたい

好きな人が やさしかった
これ以上の言葉があるか?



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]