忍者ブログ
キェ―――
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
カメラにゴミが写りこむ様になったiPhoneはゴミに思えるようになった。
何に価値を置く? 掌に収まっているかどうかか?
やれやれ。

ときに、われわれは縛られている状況であろうか。
手順に重きを置くならば、天才の存在と短時間の定常性を仮定するならば、真。
しかしながら、此処では通る筋の義務が無い。
つまり、もどかしさが語る超演繹の紛れない無い真。
何という同定ができるならば問題ではないんだろうけど。殺すだけ。



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]