忍者ブログ
キェ―――
[184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174
ここは、開かれているようで閉じきった宇宙
そして、閉じているようで開けっぴろげの宇宙

過去を清算し、未来を睨め。
選択肢というものが存在している時点で甘えなんですか?
今日は、自分の過去をブチ殺す為に、高校の時に仲の良かった人達を、
自分発信で集め、吉祥寺で楽しく飲みました。
少しずつ少しずつ、1つ1つ、過去を、糸引く因果を、ブチ殺していきましょう。

ビックリ!自分は宇宙の中心では無い。
小さな宇宙で小さな暮らし?
それとも、小さな暮らしで小さな宇宙?
自分のクリティカルな部分を知られたくないという気持ちは何処から来るのだろうな。
強さとは、正しさへ自動的に向かうことのできる仕組みの把持ではないか。
経験の反復は、価値を創造するぞい。
小さなこころを守っていこう。

芸術作品・人との関わり・身を置く環境、など何でもそうだと思うんだけど、
できるだけ網羅的な手広さかつブレない集中力という両極をバランスよく保ちながら、
自分に与える客体の選択・咀嚼・統合を図ること。
その過程で、自ずと答えみたいなものは出てくるはず。
答えみたいなものは、雪のように降り積もってくるのが常であるけれども、
その様を見ているだけで困憊、というか満足してしまうのが常であった。
それは非常に惜しく、表現として放出することが、自分のためにも切に求められるわけである。
そもそも、人生っていうのがオマージュ作品なわけだから。

1人でいることに付随するつらさよりも、
信じていた人間に裏切られるつらさの方が圧倒的につらいのは自明である一方で、
自分の世界に他人というものが存在するその土俵に立つことすらできておらず、
自分は尚も1人で、いつまでも同じ地平で、
無様にももがき続けているのを見ているのが本当につらすぎる。
他人の世界に自分が存在していない、の方が正しいかもしれない。
イグアナの群れ「ふむ、内向きな傲慢、原因はここにあるわけだな…」

問題は、宇宙(分母)がどれだけ広いか(大きいか)であって、
苦悩(分子)の量は関係ないのではないか?
なにを?そんなに?こだわって?いるの?
僕だって、好きで孤独ごっこやってるわけではないんだけれど。
早く家に帰って泣きたい。

一方、"大人"、"我"が足りてないのでは?と思うことが多い。
それは、シメたものだ。
ひどく傷つきながらも、確実に前に進んでいることを実感できるような人生がいいじゃないですか?



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]