忍者ブログ
キェ―――
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
言いたいことはいくらでもある筈、なんていうのは傲慢、思い込み、過大妄想、介錯してやろうか???オラオラ 数週間のうちに、"SMAP性"の種子を自分の脳髄に完全に植え付ける作業を完了させたいです。SMAP、有名じゃない曲を聴くと、ものすげえイライラしてくる。あまり自信が無いから公には主張しないのだけれど、ここだけの話、自分の最大の長所は"人の長所の吸収力および統合"だと思ってるんです。最近、POPとは何なのかということをよく考える。目にする表現活動のほとんどは、大局的に見ると、独りよがりで自己とその周りで完結してしまっている内容・形式が多く、その程度がどれだけ高くとも「大局的に見ると」ゴミみたいなものが多い印象がある。翻って、"程度の高い私"は、それとは対極的なAKB48やEXILEなどという概念が「大局的に見ると」ポピュラリティを獲得している(ように見える(しかしながら、その本質は問題ではなく、あくまで"見えている"ことが重要))という点において、少なからず憤りを覚えているという現状がある。そのため、私は大衆性=ポピュラリティ=POPなどというものの実態を学び、把握しておく必要がある。近年、"Perfume"の"コンピューター・ドライビング"という楽曲における「見えるモノが全て 真実だけじゃない」という詞がよく思い出される。矛盾しているようであるが、この言葉は完全に真実であると考えられる。なぜなら、"見えるモノ"が全て真実であるという大それた命題は、反例を挙げるとキリがないからである。しかしながら、同時に、大人である我々にとっては、"見えるモノ"が全てであり、全てを司る真実であるからである。殺すぞ。私が言いたいことは至ってシンプルであり、大衆性であるところの、ポピュラリティであるところの、"POP"を表現に対して最大限に反映させることが切に求められており、その前提として"程度の低い"表現を必要以上に観察・吟味し、そんなものは無意識のうちに身に纏うことができるようにならなければならない、ということである。私は、普通の人間のような澄ましたお顔をしていながら、沸騰した炎気の臓物を全方位に放射してやろうと今も思っています。将来の夢は心のテロリスト?あんた、バカ?自らの過去にいつまで縛られてるつもり?そうやって、心が自然に落ち着くほう、落ち着くほうへ流されるままに生きる生き方って言うのが、楽な生き方って言うのよ!!!生き物は、なんて猥雑な存在なんだ。人間、信じられるのは自分しかいないじゃないか。この人はこれこれこういう点においては信用できる、あの人は何々何々何々...なんてやってられないでしょう?終わってる!世界が終わってるよ!!!




Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]