忍者ブログ
キェ―――
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
完全に失恋をした。最近身の上に起こっていること、動揺していること、振り回されていることが、悉く前々から分かっていたことであるのが、理性を売りにしている私にしてはもう遣り切れず、故に行き場のない殺意が順調に育っている。一番好きなフレーズは何ですか?と問われたら、「初めての呼吸で 好きだと言えたなら いいのに(THE BACK HORN - 初めての呼吸で)」と答える。毎晩毎朝泣いている、奇しくも感情が在るのは救いか絶望か。固有名詞で"詩人"を騙る詩人は糞。ちゃんと生きてれば言葉なんていくらでも紡ぎだせるものだろう?"当然の認識の違い"というものが現実に暴かれた形、その当然さを知覚していたという点で、体内がどんどんどんどんグロテスクになっていく実感がある。カブトムシとかクワガタムシとか、黒くて頑丈そうな骨格持ってますけど、中身は唯の白いドロドロが詰まっているだけなのに生体として個体を維持しているんですよ。翻って、私も甲虫類のスケールが大きくなっただけ、内面は物凄いグロテスクですから。悲しすぎる、世界が憎すぎる。

早朝からものを考えながらベッドの上で丸くなっている私の心の隙間に雨音がしとしとと浸み入る。大学院生にもなってペアレンツ・コンプレックスを抱えている。この世界で一番感謝してるのは絶対に両親だし、この世界で一番憎んでいるのはと問われるとその根源は絶対に両親である。「マジメ」に生きようとするというのは碌でもない。その”マジメ”とやらだって両の手で届く程度の狭い世界観における尤もらしさでしかないのだから。だから前々前々から思っていたコンテンツであるところの不良少年になろうと思っています。どうせ無理だろうけど。

女は、少しいい格好すれば完全に誘われるがままにポコポコとデートするだけの癖に奥手で女慣れしていない男を完全に下に見るから糞、それでいて浅い男の浅い部分が暴かれるだけの当然の帰結に不幸ぶるから糞、それでいて男に浅い男が持つ甲斐性みたいなものを求めるから糞アンド糞アンド糞、死でしかない。自分、いい思いをしていない気になっているだけなのだろうな、たぶん客観的に見ると本当は凄いいい思いをしているんだと思う。だったらこの気持ちはなんなの?細い方細い方へ向かっていくのは嫌だ...周りの人間に「可哀想な人...」って思われるはもっと嫌だ。自分が「可哀想な人」と思われるのが一番嫌なのって、普段、周りの人の色々な部分を取り出しては「可哀想な人」という形で断罪して、心の底ではかなり根深い所で軽蔑していた裏返しで、鏡に映った自らの評価基準に怯えていたのでは、という気持ちが強くなっていて、つらくなっている。即ち、自分が他人に心から優しくすることが、自分が他人に心から優しくしてもらっていると感じるための前提条件であるということ。しかしながら、この2尾のウロボロスの蛇の間に入り込む余地が既になさそうな雰囲気なのだが...。ハッ、声が聞こえる。自分は不幸であり、何をしても楽しくないと思い込んでいるだけでしょ?だったら、もしかしたら自分は不幸ではないかもしれない、もっと楽しいことは沢山あるかもしれない、と思うようにするだけで日常の中に幸せが見つかり、自分も変わるものでしょ?こういう聞き飽きて余る言説が、理解という形でスッと頭に入ってくることがあって、そういうブレイクスルーを繰り返して生きたい。でも他人に悪意向けないのどう考えても無理だな。NHK教育見るところからやり直した方が良いかもしれない。この様に、今後もdopeなurban lifeを展開して生きたい。



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


▼無題
マジ失恋?
耕耘機 2015-06-16(02:14) 編集
▼無題
どうだろね
げろっぴ 2015-06-21(01:33) 編集
PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]