忍者ブログ
キェ―――
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
non-noTVという動画はナレーションの声がキモすぎて最悪だ。

インターネット此岸において、完全完璧無比無謬の一方通行性One-way-trafficを最大限駆使してストーキング行為を行うのが非常に自然だ。
篠田麻里子のブログをよく見ている。
目がくりっとしていてよい。6を回転した様なちびまる子ちゃん的目をよくしている。
(かなーり前から薄々感づいていたのだが、短い髪の人はかなり大体が好み)
元気、もらってるよ!!
で、彼女はこれでもかという程大量の画像を毎日アップロードしているのだが、
本人が写っている写真にだけ全て、何やらローパス噛まして肌がまっ白になるようなトーン補正がかかっているのに6日前気づいた。
そして曝されているのは他の人たちの醜悪である。
一見仲よさそうに見える分、随分に悪意を感じる。
てゆうかそう言う芸能人の人ってみんな絶対まともな神経してない。標本としてのネガティブモデルの欺瞞





~という糾弾内容の文章を何年も飽きもせず更新し続けるのが、今ブログ、いや私の傾向である。
同一平面上をグルグルと回転、加速し続け、異次元の軸の存在を認識することは無い。

そんな事を言って、理屈で徹底的に突き詰めて入って、と思い込みたいが実は理屈とは正反対の受動態、
そして行き着く先は全ておんなじ低点への収斂、本当に救いようの無い、最悪の、自らを除く大宇宙への全否定、
嫌に左寄りな、爪弾きの論理学、にはもうウンザリしてきた。

だから、そんな図太い神経を見習おう(皮肉ではなく真面目に)と思った。
正しいと思われることを深く演繹すると根本的に正しくないことを内包するため、正しくないと思われることが正当化される、等と言っておこうか。
ボーダーの正しくないと思われること、というラインは各々の裁量に任せるしかないという点で別にどうにもならない理論だけど...
マリコ様のブログをぼんやり見ながら、これは自分史上のちょっとした発明だと思ったし、そういった強引さが今必要だ、と思った。
星空のドライヴ
 



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]