忍者ブログ
キェ―――
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
・若者のトレンドの地、原宿に行くべ、と思って行ったら
 早々にキャッチに遭って片言へんげん台湾人女に半ば強制的に連行された。
 ちょうど髪を少しだけ切りたかったため、安く上がって結果としてはよかった。味を占めた。

・原宿、今年の夏に初めて行ったとき、小汚い格好をした人間が来る場所ではないな絶望、帰ろう、と
 ヤプーズ聞きながら表参道を歩いていたら芸能事務所の人に声を掛けられたことがあった(これはプチ自慢)。
 怖いんでと何か意味深なことを言って逃げたがこのケースは壷などを買わされた可能性がある。

・いつの間にか女子高生が子供に見えるようになった。
 小学生の時は「あの人は4年生だな」と分かった。
 中学生・高校生の時は部活の先輩が反駁を許さぬ大人さを湛えていた。
 そして今や年下であるはずの当時の先輩達に対する印象は変わっていない。
 こういった感想はその時の自分を基準に相対的に決まるようだ。(絶対的か?よく分からない)
 最近は20代の人に対する観察眼が少し発達してきたように思う。
 歳を取っても、あのジジイは一回り年上ぽいから怖い、とかあのババアは可愛い、とか思うのだろうか?体系的に扱う学問領域があるだろうか?

・清原と男を見せ合う誓いを立てた白痴っぽい彼がどうやって退場させられたかが気になる。

・うちの祖先の右左衛門という人は賭博好きだったらしい。
 聞くところによると近所の神社の禰宜の氏であったらしくて(これが苗字の由来らしい)、
 明治時代の地租改正のときに土地をたくさん貰ったらしいが、賭博でほとんど失ったらしい。
 ・・・

・根が賭博好きの祖母は家族に多額の保険金を掛けている。
 祖母がボケ始めるのはもう時間の問題で、祖母以外その全貌を誰も把握していないという現状は非常に危険である。
 税金対策と言うがバブルのとき大赤字出したという辺りどうも胡散臭い。
 俺が不審な死を遂げようものなら江戸川コナンや杉下右京の類が交友関係を嗅ぎ回るだろう。
 しかし先日「形見だと思って…」とかいって満期保険金でまとまった額の現ナマを受け取ったときはやはり嬉しかった。

・バイトの前に「相棒」の再放送を好きでよく見ているが、バイトに間に合うためには16:30には出発しなければならない。
 その時間帯ではどう転んでも物語は完結しておらず歯がゆい。消化不良のエピソードが山積している。

・こうみえて自分はケチである。賭博なんかもっての外である。まず期待値が悪いし。
 コツコツお金はたまっている。コツコツ何かをしている。慎重に
 でもこれって結局未来への投資という賭け事、ある種一番性質の悪い、

・今が流れて過去になる 今が続く先の未来
 最悪の過去を考えるということ 不確かの未来を考えるということ
 詮じて今、今を悪くするだけでもはや同じことだ 今を殺すことに意味はあるか?
 というようなことは抽象的でJ-popにありがちで当たり前ではあるが明確に自分の言葉にするまで俺は気づかない。
 何が意味だよ意味わかんない...自己に保守的な主義にいい加減嫌気がさしている...

・希望した研究室の定員が溢れているようだが大丈夫だろう。
 元々そこは全く人気がないところであったから選ぶ人も多分そんなに凄くない、といいんだが。
 俺が何でそこにしたかっていうと、いろいろ回ったりして情報を入れた上の勘。根が賭博好きの俺
 とりあえず脳波を定量的に計測して念仏と現実を繋ぐような研究をしようと思っている。


 



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]