忍者ブログ
キェ―――
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
さて、今年も1/6が終わろうとしていますね。
補色48円の缶ジュースが現れていく。

玄関前にはこのように、枝垂れ梅が植わっていて、
これから気温がグングン上がり、
夏場にかけて枝は伸び、ひどく邪魔になる。
だから、客は頭を下げて屈みながら入る形になる。
祖父は自分の仕事に関して多くを語らなかったようだが、
やってきた客に対し、「家」にお辞儀をさせた後、招き入れる、
というのは継いだ叔父の説である。

そう。型が無い、という型。
逆説的な物言いは好きだ。
還元すれば全てそうだろう?
そういう考えなしに何が成し得るだろうか?




Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]