忍者ブログ
キェ―――
[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189
肉体だけが時空間を移動している。
悲しすぎる状態で、人生・社会人編がスタートした。

置き去りにしてきた気持ちたち の表面が、急ぐ背中を見つめているのを感じる。
中には、決定的な違和感や、他人が持つほとんど呪いに近い感情も混じっているように思える。
授業が終わった後の教室の席で、購買で買った安い菓子パンを1人で食べている様子の自分が、
今の自分を冷たい目つきで見つめているのを感じる。
なぜかよく聴いていたYes(特にSurvivalという曲の、包み込むようなハーモニー感)を聴くと、
当時の様子が鮮やかに蘇るのは不思議だ。
また、心意を知りながらも、見て見ぬフリをしてきた人間たちが、
僕の知り得た心意を虚ろに見つめ、動いているのを感じる。
そのためなのか、頭の中を巡るもの・頭の外に出てくるものが、ボンヤリと筋が通っていない風だし、
それらにゆっくりと向き合う時間がやっぱり欲しい。
そうやって、ちょっとずつ、ここまでやってきたんだから。少し煩わしいように思えても。

頼むから、その自撮り棒で僕を殴ってくれ。
カラオケに行くな。ストロング・ゼロを購入しろ。

昨日の積み重ねが、今日を着実に形成している感じがある。
最近、人とは2-3の同じ話題しか喋ってないような気がする。
ここは、狭い、狭すぎるんだ。
一朝一夕ではない力を前にした圧倒的敗北感、それも完全に君の後追いだね。
習慣が自分を作るということは、さすがに確実であると思う。
緑色の矢印、フレームワークとやらに学ぶことも大いにあるはずだ。
ゴールの具体化・明確化は最重要課題、目を逸らさないで。
一方、自分のブログを読んでいたら、いろいろなことが書いてあり、全部を暗記したくなってきた。
さらに、風の谷のナウシカ(漫画)の内容およびセリフも暗記する必要がある。
僕はいつだって、世界(≒自己)に秩序を求めているんだ。

やれる!溶け込める!社会に!
しかし!満たされない虚無感!これが普通ってなわけか!
人に安心を与える笑顔・・・人に安心を与える笑顔・・・ブツブツ・・・

人と協働中に、なんとなく面倒クサ〜くなると、目を合わせなくなる。
なぜなら、人間に対して常に悪意を持っているから。
良かれと思い、手の届く程度の痛みと向き合い続けた狂気じみた経験なんて、実社会では全く求められておらず、
むしろマイナスの方向に作用してしまうことを、日々の生活の中で強く実感している。
私は、頭の中で地球100周分は歩いているよ。半径5メートル以内の憂鬱?
その、ムラのある、歪んだ根性をひとまず叩き直してやらねばならない。

それでも、正義の気持ちを大切にしていない人間くらいは軽蔑してもいいでしょう?その辺はどう?



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]