忍者ブログ
キェ―――
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218
「理由は無い」に帰着するとすると、
騙すかどうか、それだけが鍵になる。

引き続き鉄の森にて迷子。
今、確かめる、溜息の温かさを。

横断歩道越しに1日を見送る。
街明かりに誘われて闇を閉じた。
一筋に縋りついた思いを思う。

捧げた時間は祈りを紡いだ。
意思と事典と感察が三つ巴。

君の洞察力は円熟を迎えたね。
頭の隅の隅では嘘が見える。
運命を取り返そうとするも空しい。

マンモスプリンを前にして真剣を放り投げた。
手のひらの中、転がるはこの嘘っぽい言葉。
否定には否定を重ね続け祈る。





Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]