忍者ブログ
キェ―――
[221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211
深夜の電話はどこまでもつながる
夢で逢おうねって切る26時台

一粒の石を新鮮に覚えて
手を伸ばしてみると支配される

あたり前こそが救いになる
眉間を仔羊の流れが洗う

強い思いは言葉にして

手をつないで歩いた フィルムはいつまでも続く
思い出は失われるというよりはモノにするもの

七色で彩って あなたと生きてみたいから
三日月も曇り空も水たまりも集めてゆく

白銅の波を迂回して落ちあう
抱きしめてくれた感覚が残る

ふとした拍子の雷の響きや
なにげない一言に火を吹きこむ

あたり前こそ心得てない
たくさんの逆さのふりこが滑る

心変わりを恐れないで

手をつないで歩いた この先の筋は読めない
心の底の方で蠢くものは気のせいじゃない

それでも愛があれば歩み寄れると信じたい
螺旋階段を駆け昇る僕らは変わってゆく






Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]