忍者ブログ
キェ―――
[1]  [2
前回の記事でクヌギとかの話をしたら懐かしくなりました。
忘れかけていた真実、僕はけっこうな昆虫少年でした。
それ関係でもけっこう話題がありました。
前と同じようになっちゃうけど勘弁。全部小学生の時の話です。

あと、なんかコメントの修正ができない。
おそらくこっちの問題だろうと思います。まあ利用する際は間違えないようにお願いします。(意味がわからんが)




■交尾事件1
 くわがた飼育では大体、つがいで一つのケースに入れて卵を産ませます。
 当時、性教育はされないまでも、交尾をすると卵を産むことは知っていたため、
 妹と一緒に「交尾しろ!交尾しろ!」と罵って騒いでいたところ、珍しく父に怒られた所以を長いこと疑問に思っていた。
 どんなプレーだ。


■きのこ事件
 菌糸ビンと呼ばれる、木材フレークの中に白い菌が育ったものをビンに詰めたものがあって、幼虫をそれに入れて育てると大きく育つ。
 そもそもそれは本来はきのこ栽培の種として用いられてるわけで、
 幼虫が食い散らしてるボトルから不意に立派なエリンギやらシメジやらが生えたりする。
 それらは人知れず食卓に並んだりする。


■繁殖事件
 当時、俺は父が買ってくる専門雑誌をよく読んでいた。
 それらの中で度々出てくる”繁殖”という用語を、頭が悪かった俺は”いしょく”と読んでいた。
 ある時、小学生だった俺は学校でクワガタの話題になり、記憶が非常に曖昧だけど、このような会話をした。

 俺:僕、家で”いしょく(繁殖)”してるよー、すごく楽しい!
 友:ええ、”いしょく(移植)”?? 本当??
 俺:(?)うん。そんなに難しくないよ!教えてあげようか?

 と、活き活きと語っていた。ただ、話が噛み合わなかったのを覚えている。
 友の目に俺は相当マッドに映っただろうね。 


■不自然な採集
 当時、近くのクヌギスポットに父とよく採集しに行ったものだが、この辺りではコクワガタでさえもなかなか見つからない。
 しかし、小4の時、何の要素もない自分の家の庭の敷石やら壷の中やらに、近所では稀なヒラタクワガタが相次いで発見された。
 これは結構珍しい事態であった。


■ホワイトアイ事件
 当時、雑誌などで、特別変異で目が白く生まれてきて貴重ないわゆる”ホワイトアイ”がもてはやされていた。
 今はそうでもないだろうが、確か当時ではネットオークションで何万といった価格で取引されていた。
 で、俺も欲しくなって雑誌の懸賞に出したら普通に当たった。育てた。
 ちなみに、死んだクワガタは目が白くなるんだけど、今思うとそれを彷彿させてすげー気持ち悪い。


■交尾事件2
 当時はただ、クワガタの姿を見ていたい年頃なわけで、ケースの中を探します。
 ある晩、クワガタを探して、入れてある材木をひっくり返すと彼らが交尾してるのを見つけた。
 俺に見られたらなんか挿入したままあたふたしていて、子供心にどういうわけか気まずくなった。
 胴体のケツから管が出てきて、ものすごい巨根だった。


■ゴキブリ事件
 壁にでかいゴキブリがいる!と騒いだが、よく見ると脱走した外国産の個体のメスだった。


■遠藤事件
 中野にある専門店で普通に品定めしてたら、店長に「冷やかしなら帰ってください」と言われて帰ったが、その後、店がつぶれた。
 その店長は今思うとサッカー日本代表の遠藤選手に似ていた。





この前の記事が痛々しいので埋め立てます。
なんか話題ないかなー、と思っていたら、前から書こうと思っていた我が家と自然の関わりについて紹介します。
地方では当たり前のような話かもしれませんが、一応僕の家は新宿までチャリで20分程度といった立地です。
鮮明に覚えている話を紹介します。理不尽なのもあって結構面白い。


■野犬事件
 小学校低学年の頃、夜、俺が家に帰ってきたところ、庭に暗闇の中に光る2つの目を見つける。
 それは当時近所で噂になっていた野犬だった。溶け込んでいた。トラウマ。

■タヌキ事件
 小学校中学年の頃、夜、週2くらいの頻度で家の縁側にタヌキがやってきていた。餌をあげる。
 最近でも夜中に庭の茂みがガサガサいってて警戒してたらタヌキだった。

■スズメ事件
 小学校中学年の頃、祖父が巣から落ちた生後間もないスズメを拾ってきて、どうしようもないから育てることになる。
 名前は身も蓋もないが「スパロウ」とし、インコの餌をすり潰して与えてなんとか育った。
 すごく人懐っこくて超かわいい。家の中が糞だらけになる。
 好きな食べ物はスモークチーズ。高血圧にならないか心配だった。
 つーか、今思うとスズメって飛ぶネズミっていうほど病原菌持ってるらしいじゃないですか。危なかったな。しかも野鳥の飼育は違法?
 家族皆でかわいがっていたが、ある日、母が洗濯物を干すために窓を開けたところ飛び立っていってしまう。
 その後の逸話として、父が川沿いを散歩していたところ、距離を保ちながらも父にずっとついてくるスズメが一羽あったそう。

■クヌギ事件
 当時、我が家ではクワガタ採集・飼育がブームであった。
 自分ちで取れたらよくね?という安直な願望のもと、クヌギの苗を庭に植える。
 それから約10年経過した今現在、やっと直径4cm高さ2m程度に育っている。

■カエル事件
 ↑と同時期、比較的涼しい玄関に棚を置いて幼虫などを入れた容器を並べて飼育していた。
 そんな夏の夜のこと、父とそれらの世話をしに玄関に赴くと、容器と容器の間にカエルがちょこんと座っているのが発見される。
 運良く写真が残っていた。↓

  


■スズメバチ事件1
 今の俺の部屋の軒下にスズメバチの巣が作られ、そこら辺をスズメバチがぶんぶん飛んでいた。

■クモ事件
 中1の時だと思う。
 新学期に夏休みのため家に持って帰っていた家庭科のファイルの合間に、糸がすげえぐるぐる巻かれたクモの卵のうが発見された。
 俺はクラスメートにドン引きされる。

■ヘビ事件
 中学生の時、俺の部屋を作るために当時物置のようになっていた部屋を掃除していたら、全長1m程のアオダイショウが出てくる。
 (部屋の中に住んでた)
 今でも居間でテレビ見てたらベランダの手すりにヘビが絡み付いてるのはたまにある。

■ネズミ事件
 中3のとき、明け方になると毎日天井裏でたったたったネズミの足音がしていた。
 5匹くらいいたようだが普通に毒で殺した。

■スズメバチ事件2
 高1の時、俺の部屋のベッドのすぐ脇でスズメバチが凍死しているのが発見された。
 また、ある朝俺が起きて部屋のカーテンを開けたらでかいアブが襲ってきたこともあった。

■アリ事件
 ある晩、キッチンの調理台の一面が小さいアリで埋め尽くされていて母の血の気が引いた。

■カマドウマ事件
 二世帯住宅の祖母の玄関にゴキブリホイホイを置いたら一晩でカマドウマだらけになっていた。

■幼虫事件
 高3の時のある日、俺の部屋の床の畳にカブトムシ系のあの手の幼虫が威勢よく這っていた。




小さいときに流行った歌(?)をふと思い出した。

みきみき つんぱ かるていは?
Yes? No? 半分?

小学生ならではのくだらない命題と「ぱんつ」の語感をそのまま残したいい加減なひっかけ、そして理不尽な選択肢「半分?」の中に、
今こそ我々が立ち返るべき原点を垣間見ることができるのである。
いかに後半部を勢いづけるかが肝。









PR
Profile
geroppii
Archive
PV




忍者ブログ [PR]